水作 カメの浮き島 関東当日便 売れ筋 L 1254円 水作 カメの浮き島 L 関東当日便 ペット・ペットグッズ 爬虫類・両生類 その他 1254円 水作 カメの浮き島 L 関東当日便 ペット・ペットグッズ 爬虫類・両生類 その他 /actinosome800523.html,ペット・ペットグッズ , 爬虫類・両生類 , その他,seattlevoipbusinessphonesystem.com,L,1254円,関東当日便,カメの浮き島,水作 /actinosome800523.html,ペット・ペットグッズ , 爬虫類・両生類 , その他,seattlevoipbusinessphonesystem.com,L,1254円,関東当日便,カメの浮き島,水作 水作 カメの浮き島 関東当日便 売れ筋 L

水作 カメの浮き島 関東当日便 売れ筋 L お中元

水作 カメの浮き島 L 関東当日便

1254円

水作 カメの浮き島 L 関東当日便






メーカー:水作
品番:030070

大きめサイズでカメも安心

水棲のカメは陸地でのこうら干しが欠かせません。甲羅干しをすることによって皮ふ病の予防や成長に欠かせないカルシウムの吸収を補助するビタミンD3を合成します。日々のカメ飼育から新たな発見を引き出します。

カメの浮き島 L
特長●水位にあわせて上下し、水流などで移動しないのでカメが登りやすい
●サイズがおおきめなのでゆっくりとこうら干しが可能 本体の下はカメのシェルターにも
●中央の穴はエサが拡がらないフードポイントに
●甲長7~8cmのカメ2~3匹に最適 45~60cm水槽用
サイズ(約)幅258×奥行き188mm
ご使用方法1.ご使用前に軽く水洗いしてください。
2.本体を水面にそっと浮かべます。
3.フロートガイドを本体のちいさな穴に通します。
4.キスゴムで水槽壁面に固定してください。
ご注意※本製品はカメ専用です。他の目的では使用しないでください。
※水中に手を入れる時は必ず水槽で使われている全ての電源を切ってください。
※カメを触ったときや水中に手を入れたときはかならず石けんなどで手を洗うようにしてください。




チャーム市場店 ペット用品・生き物専門


交換球 マルカン スパイラルライト 20W SLB-20 爬虫類 ライト 紫外線灯 UV灯
ニオイ・汚れを抑える ff num600 水棲カメ用 ペレット(浮上性) 250g プレミアム健康管理フード 餌 エサ ミドリガメ
ニオイ・汚れを抑える ff num600 水棲カメ用 ペレット(浮上性) 600g プレミアム健康管理フード 餌 エサ ミドリガメ
キョーリン カメプロス 70g (小スティック 甲長3~8cm用) 餌 エサ
キョーリン カメプロス 200g (大スティック 甲長8cm以上用) 餌 エサ
水作 カメの浮き島 M

… 浮き島 カメ スイサク 水作 L 水棲ガメ 亀・爬虫類 浮島 カメの浮き島0406 20110406 GI 4974105030070 浮島 opa2_delete

水作 カメの浮き島 L 関東当日便

編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」
セキュリティ ゼロトラストとサイバーセキュリティ--英政府機関NCSCが考える意義や重要性
経営 第1回:コロナ禍のHRトピックスから見えてくる「個を生かす時代」とは?
セキュリティ ランサムウェア攻撃の最新状況とデータを保護するアプローチ:後編

News from ZDNet Worldwide

本国アメリカのZDNetが発信する海外最新IT動向やテクノロジトレンドに関するニュースを毎日発信!

企画特集 PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    Kubernetesでエッジコンピューティングを実践~Rancher K3s日本語完全ガイド

  2. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  3. ビジネスアプリケーション

    2020年、一気に押し寄せてきた「未来」に企業はどう対応し、どんな働き方を実現すべきか

  4. コミュニケーション

    20年使い続けたグループウェアを刷新、「社員を元気にするIT」の基盤を構築したカルビーが目指す地平

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]